スポーツ大好き女装家しおりのブログ

スポーツを観るのもするのも好きなアラサーのブログ。スポーツ関連の内容多めだが、アウェイ旅の記録や私の状態に関することも記事にする。

【プロレス】伏線のないドラマ

新日本プロレス「Castke attack」を二日続けて視聴。序盤で張られた伏線が生かされない展開ばかりで、終盤の攻防だけでいいのでは?と思う試合ばかりだった。

特に二日目メインのインターコンチネンタル戦。序盤の内藤の膝攻めが終盤にはまったく無意味になっていた。

膝攻めが効いて飯伏はカミゴェが出せないとか、出したが威力が半減して内藤が2で返せるという展開があれば試合にドラマがあってより面白かったがそれもなくただの切り返し合戦に終わっていた。


様々なプロレスの試合を見て、やっと近年の新日本プロレスはこの「伏線が無意味」になる試合ばかりであることに気づいた。

もっと試合にドラマがほしいが、それを望むならCyber fightグループの試合を見たり、過去の試合を見るのがよさそうだ。