スポーツ大好き女装家しおりのブログ

スポーツを観るのもするのも好きなアラサーのブログ。スポーツ関連の内容多めだが、アウェイ旅の記録や私の状態に関することも記事にする。

ノア

【プロレス】おかえりムーンサルトプレス

武藤敬司、ムーンサルト解禁 「さよならムーンサルトプレス」で書かれていたように、武藤敬司選手は膝を人工関節にするためムーンサルトプレスを封印した。封印マッチまでして、解禁は二度とないと思っていた。 しかし、6.6 Cyber fight fesにて丸藤正道選手…

【プロレス】プロレスリング・ノア The Ovation Day2 2021.5.3

ノアTVマッチ二日目。もし観客が入っていればと思う試合が多かった。 健在のカシンワールド ケンドー・カシンと井上雅央のシングルマッチ。カシン選手が前日のTVマッチでなぜか井上選手に対戦要求したことから実現したカード。カシン選手は相変わらず自身の…

【プロレス】プロレスリング・ノア The Ovation Day1 2021.5.2

無観客大会となったノア。しかし、かなり熱い試合が多く配信でも楽しむことができた。 時間切れ・・・ 第2試合はファンキーエクスプレス(モハメド・ヨネ、谷口周平)と岡田欣也、稲村愛輝組の対戦。終盤、若手の清宮選手と稲村選手が押していたのだが、ファ…

【プロレス】プロレスリング・ノア NOAH the glory 2021.4.29名古屋国際会議場

まさに「怪獣大戦争」なGHCナショナル王座戦、エモーショナルなGHCヘビー王座戦だった。 あの「野獣」がKOされる 藤田和之vs杉浦貴のGHCナショナル王座戦はまさに「怪獣大戦争」だった。会場内に響き渡る打撃音はまさにレスラーのすごさを再認識した。 あの…

【プロレス】美学のある闘い

「美学のある闘い」とはプロレスリング・ノアのキャッチフレーズ。相手の技すべてを受けきった上で勝つ、一対一の闘いをなにより重視する等ノアのプロレスには日本のプロレスのよさがつまっている。技の切り返し合戦のように派手な闘いはないかもしれない。…

【プロレス】58歳のチャンピオン

武藤敬司、GHCヘビー級新チャンピオン! シャイニングウィザードや足四の字を繰り出してもチャンピオンの潮崎選手は3カウントもギブアップも許さない。まさに「絶対王者」で仕留めの豪腕ラリアットを繰り出そうとしたそのとき、武藤選手が起死回生のフランケ…

【プロレス】楽しみな大会

2.12はプロレスリング・ノアの日本武道館大会がある。セミファイナルでは船木誠勝選手が、メインイベントでは武藤敬司選手が出場する。両者ともに90年代のプロレス と格闘技界をけん引したレジェンドであり、今もベルト戦線に絡むなど第一線で活躍している。…

【プロレス】久しぶりに観戦

本日はDDTとノアを観戦。もちろん配信によるものであるが、見ていて非常に楽しく面白い。プロレス熱が戻ってきた。

【プロレス】プロレスリング・ノア Premium prelude2020 2020.11.8後楽園ホール

金剛ジュニア3人(覇王、仁王、タダスケ)がヘビー級2人いた正規軍に勝利、稲村愛輝選手に対するマサ北宮選手のエールともとれるマイクパフォーマンスなど見どころが多い大会であった。 技の返し合い GHCジュニアヘビー級選手権 第6試合 王者 鈴木鼓太郎vs挑…

【プロレス】生え抜きと移籍組の差

今週の週刊プロレスにて拳王選手が生え抜きと移籍組の違いについて触れていた。 チャンスが与えられる生え抜き 生え抜きはなにもしなくてもチャンスが与えられる。自前で育てた選手をスターにしたいのはどの団体も同じであり、新弟子募集の際のアピール材料…

【プロレス】ノア Premium Prelude 2020.10.28後楽園ホール

ノアの未来は明るい スティンガー分裂 稲村選手がまさかの金剛離脱 YO-HEY選手の受けっぷり わかりやすい技巧派vsパワー 2年ぶりに新人選手がデビューし、ユニットの選手の出入りも起きた良興行。 ノアの未来は明るい 第1試合 矢野安崇デビュー戦 岡田欣也vs…

【プロレス】限界を超えた先と

もう限界、まだいける 四天王プロレスのその先 「ブシロードプロレス」 もう限界、まだいける プロレスは限界のその先を魅せるエンタメである。関節技を決められて限界と思っていたところを観客の声援を背にしてなんとかエスケープする等、観客が限界と思っ…

【プロレス】プロレスリング・ノア Disco ball 2020.10.18後楽園ホール

明るい未来が見える 発揮された雅央ワールド 謎のマスクマンの正体は? 謎のこだわりが仇に・・・ 求めていた「バチバチ」 ノアが持つ「明るく楽しい」部分が見えた良興行。新日本プロレスで感じたモヤモヤ感がこの興行を見て一気にスッキリした。 明るい未…

【プロレス】間口は広い

唯一の地上波放送がある新日本 2020年現在、プロレスを観たいと思ったら様々な手段がある。まずは地上波からという場合はテレビ朝日の番組がある。テレビ朝日系列の「ワールドプロレスリング」は30分番組で毎週放送されており、人によってはプロレスを知るき…